SINCE MARCH 11 2011
全体事業概要

SAVE TAKATAは、挑戦の地「陸前高田」で、日本の未来をつくる地域づくりを目指す、という理念の元「農業」「IT事業」「若者事業」を軸に地域の課題を継続的に解決する社会事業会社として日々活動をしております。特に「高齢化」「若者流出」「一次産業の衰退」といった地域課題を解決する事業に注力をしております。

農業
農業の6次化 + 担い手づくり = 7次化
就農体験の様子

陸前高田市米崎地区を中心に栽培されるりんごの生産〜加工〜販売(6次化)を行い、さらに担い手づくりとして大学生や若年無業者へ就農体験を提供、就農者を創出することを目指しています。

陸前高田市には約80件のりんご農家が1,500トンの米崎りんごを生産をしておりますが、年々高齢化が深刻になっており、りんご農家が減っているのが地域課題としてあります。その課題解決として農業の7次化という新しい社会事業を創出し、地域の発展に寄与したいと考えております。

「米崎りんごア・ラ・カルト」のりんごジュースとりんごジャム

現在の取組状況として米崎りんごのジュースとジャムを開発、販売をしており、加工を地元事業者や福祉施設に依頼をし、農家の収入向上や地域経済活性化に寄与をしております。2014年度はさらに新規でジャムとお菓子を3製品追加の準備を進めております。また、大学生の就農体験やインターン、若年無業者の自立支援の受入を適時行っております。

最新の取組状況はこちら
ホームページ : http://yonesakiapple.com/
Facebook : https://www.facebook.com/yonesakiapple

IT事業
ITを活用した人材育成
高校生向けIT授業の様子

地域の情報発信強化としてホームページ制作や運営を実施、その収益の一部を活用し、高校生向けITキャリア授業や就労者向けのパソコン教室を実施、就労者を創出することを目指しています。
陸前高田市を含む三陸地域ではパソコンが使えない市民が多く、ITリテラシーの低さが課題になっています。また、地域にはWeb制作事業者がほとんどなく、誰かがホームページをつくりたくても地域外に依頼をしたり、費用が高くなってしまうケースが多くあります。こうした課題を解決する為に「ITのおすそわけ」としてホームページの制作を地域で行い、また、収益の一部を活用し、ITによる地域貢献活動を進めています。

高校生向けIT授業の様子

ITによる地域貢献の一例として大船渡東高校様と協働し、授業の一環として高校生にWeb開発を教えたり、課外授業としてより専門的にHTMLやPHPなどのプログラミング言語を教えています。また、陸前高田復幸マップという地域の情報や魅力が詰まったポータルサイトを運営、情報発信を進めております。

ホームページ : http://sanrikudenshi.org/
陸前高田復幸マップ : http://fukkomap.net/

若者事業
若者流出の逆、若者流入をするまち
ボランティアの若者たち、「若興人の家」にて

若者拠点事業「若興人の家」や、地域の文化と口伝を保存する「タカタのキオク」を地域内外の若者と協働し発信、若者流入を興し、定住者を創出をすることを目指しています。
陸前高田市の現在の高齢化率(65歳以上人口の割合)は33%と全国平均より10%高く、高齢化と若者流出が地域全体の最も切実な課題になっています。
その課題を解決する為に、若者がつくる若者拠点事業として、陸前高田市鳴石地区にある古民家を大学生を中心に企画、改修を進めております。

「若興人の家」改修作業の様子

また、市内のまちあるきを適時実施し、地域の文化と口伝を保存し発信する「タカタのキオク」の制作準備を進め、多くの若者が地域に流入するきっかけづくりを進めています。

ホームページ : http://wakodohouse.org/
Facebook : https://www.facebook.com/pages/若興人の家/722026297825208