SINCE MARCH 11 2011
佐々木 信秋
代表理事
佐々木 信秋

 1982年、岩手県陸前高田市生まれ。町内の小中高を経て、専門学校進学のため上京。起業を目指し、24歳の時にイベント業を起業するが自身の夢であるWeb業界で起業をするために辞任。その後、2010年12月にWeb会社を設立、2011年3月10日に創業パートナーと「明日からこれで飯を食うぞ!」と盛り上がっているところ震災にあい、故郷が壊滅的な被害にあう。主な事業領域は事業計画や戦略策定、資金調達であるが、常に現場・ひと志向な仕事であることを心がけている。好きな言葉は「万事ひとがすべて」「淡々と進める」。

特定非営利活動法人LAMP 理事
特定非営利活動法人高田暮舎 理事
特定非営利活動法人三陸経済新聞編集委員会 理事
陸前高田市観光物産協会 理事
陸前高田NPO協会 幹事
陸前高田ホタテとワカメの炙りしゃぶしゃぶ御膳 PR大使

Facebook Twitter
吉田 隆介
理事 / 事務局長 / 街商事業マネージャー
吉田 隆介

 陸前高田市高田町生まれ。町内の小中高を卒業し、大学進学のため神奈川県へ。IT企業に3年間勤めた後、横浜港の観光船運行会社へ転職。2011年3月11日、船上で震災を迎える。以降は仕事を続けながら陸前高田のボランティア活動に参加をし、2016年にSAVE TAKATAへ転職。同時に陸前高田へ移住。ボランティア時代に積極的に関わってきた、首都圏での物産展活動を中心とした観光事業に従事し、市内の観光関係の活動にも携わる。

Facebook
松本 玄太
理事
松本 玄太

 1977年、広島県生まれ。5歳よりピアノを始める。中学卒業と同時に上京。中学、高校時代は吹奏楽部に所属。音楽大学や音楽専門学校を経て、2006年ゴスペルに出会いゴスペルクワイヤーのピアニストとして活動。2012年4月陸前高田市に移住。2013年4月一般社団法人SAVE TAKATA入社。2017年特定非営利活動法人LAMP設立。代表理事に就任。これまでの経験を活かし、イベント出演、ライブ活動、ゴスペルクワイヤーの指導等、フリーピアニストとしての活動も行なっている。

特定非営利活動法人LAMP 代表理事
米崎りんごわい化生産組合 理事

Facebook
白山 武士
ICT事業マネージャー
白山 武士

 1980年岩手県陸前高田市高田町長砂生まれ。町内の小中高を経て短大進学のため紫波郡矢巾町に移り住み電子技術を学ぶ。卒業後は2年間盛岡市内の電気工事会社に勤務するも自身が昔から興味のあったアミューズメント業界で働きたく、盛岡市内の同業界県内筆頭の会社へ転職する。東日本大震災発災後は実家を取り巻く状況が変わったため陸前高田市へ戻った。Uターン後は民間のIT会社に4年勤務し、WEB制作に従事したが同社の大船渡事業所閉所にともない転職を決意したところでSAVETAKATA代表に誘われ2017年12月に同法人へ入職した。2児の父親で二人の娘を溺愛している。

山本 健太
教育事業マネージャー
山本 健太

 福岡県田川市出身。東日本大震災の復興支援ボランティアを通じて陸前高田市と出会い、2012年4月に移住。地元NPOのスタッフとして、仮設商店街の事務局や市民活動の中間支援を担当した後、2017年1月より現職。「子どもと陸前高田の可能性を広げる」をテーマに子どもの教育に関わる事業に従事している。プライベートでは陸前高田市民吹奏楽団を立上げる等、趣味を通した市民の交流の場づくりをしている。

梅本 洋平
顧問 / 税理士
梅本 洋平

 法人3期目よりSAVE TAKATAの会計業務や組織作りを顧問税理士としてサポートをしている。旅行と温泉が大好き。

梅本洋平税理士事務所

© SAVE TAKATA