SINCE MARCH 11 2011

お知らせ

「特定非営利活動法人LAMP」設立のご挨拶
  • 2017年06月27日 |

この度2017年4月28日をもって特定非営利活動法人LAMPを設立いたしましたのでご報告いたします。

当法人理事の松本玄太が代表理事に就任し、SAVE TAKATAにて実施をしておりました農業(米崎りんごの栽培及び農業体験の受入)を事業譲渡、より地域に根ざした事業としてさらに注力をしてまいります。

LAMPは 「米崎りんごを後世につなぎ、陸前高田市の宝を守る」ことを目指し、「おいしい米崎りんごを作り」「おいしい米崎りんごを多くの人に食べてもらい」「おいしい米崎りんごに関わる仕事と人を増やす」ために、「生産基盤の強化」「販路開拓」「担い手の創出」に取り組んで参ります。

既に米崎町に約8反歩(約370本)の農地を借りてのりんごの栽培、通信販売や首都圏でのイベントでの販売、担い手の創出の一貫としての農業体験、自立を目指す若者の就労体験の受け入れを行っております。

今後もSAVE TAKATAが掲げる「地域課題を解決するしくみをつくる」、その大きなしくみのひとつとしてLAMPを支援、連携し、持続可能な農業、農業とICTとの連携等、地域にとってより良い成果につながるように丁寧に事業を進めてまいります。

尚、農業に関する雇用や事務局体制等はLAMPへ順次移行していく予定です。また、松本はSAVE TAKATAの理事を継続(移行状況を見ながら常勤から非常勤へ切り替え予定)、佐々木はLAMPの非常勤理事として引き続き、事業の連携をはかってまいります。

試行錯誤の日々が続いておりますが、松本を中心に5名体制でLAMPの事業推進にあたっておりますので、今後とも応援、ご協力をいただければ幸いです。

以上、よろしくお願いいたします。

一般社団法人SAVE TAKATA
代表理事 佐々木 信秋