SINCE MARCH 11 2011

お知らせ

育て上げネット様集中訓練プログラムにおける合宿を実施いたしました。
  • 2015年06月29日 | 農業

いつも大変おせわになっております。

SAVE TAKATAの冨原でございます。

2015年6月17日(水)~21日(日)に陸前高田市内で実施された、認定特定非営利活動法人育て上げネット様(東京都立川市)の「短期集中訓練プログラム」内における、4泊5日の合宿をSAVE TAKATAで企画・引率いたしました。このような形で実施されたのは7回目。今回は7名の方がいらっしゃいました。これまでの合宿でもそうであったように、今回も市内米崎町のりんご畑での作業をお手伝いをすることをメインに、その他、市内を見学したり、市民の方から直接お話を伺う機会もありました。

初日と最終日はほぼ移動日となっており、SAVE TAKATAが引率を行ったのは18日(木)~20日(土)までの中3日間でした。

1日目の18日(木)は「人を通して陸前高田を知る」がテーマでした。全員が初めての陸前高田でしたので、まずは被災した地域を中心に市内を見学しました。

DSC_0013

その後、気仙大工左官伝承館に行き、かたりべの武蔵裕子様に、2011年3月11日以降のことや、これからの災害に向けての心構えなどをお聞かせいただきました。初めて市民の方から生の声を聴くことが出来、陸前高田の現状を知るとともに、それが他人事ではないと実感できたようでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次に伺ったのが「ひころいちファーム」様。こちらで製造・販売している野菜や米粉パスタなどを、7月11日・12日に東京都町田市で実施される物産展において、今回の参加者が自ら立ち、販売することになっています。その事前勉強として、野菜や商品のことを学びました。

また、代表の村上一憲さんの農業にかける熱い思いから「何かに熱意を持つ」ことの大切さを知ることが出来たようでした。

IMG_20150618_134419 IMG_20150618_133626

予定大詰めのこの日、その次に伺ったのは㈱高田自動車学校 田村滿社長のところです。ここでは震災後に他者を思って生きてきた地元の人たちのこころに触れることができました。

IMG_20150618_175800

そして、この日最後は、気仙町けんか七夕まつりの製作現場へ伺いました。津波で大きな被害を受けた今泉町がどんな様子だったのか、けんか七夕にどんな歴史があるのかを伺った後、実際に「あざふ」の製作をお手伝いしました。

DSC_0109DSC_0117DSC_0129

 

2日目と3日目(6月19日(金)・20日(土))は、米崎りんごの畑にて「摘果」という作業を行いました。

19日(金)は合宿でたびたびお世話になっている熊谷質子さん。まだまだ実が小さく青く、梅のような状態のりんごが木にびっしりと成っています。それを選りながら、次々はさみで落としていく作業です。りんごが出来るまでにこれだけの手間がかかっていることを初めて知り、参加者の方々は驚いた様子でした。

DSC_0072

お昼は質子さんお手製の郷土料理「ひっつみ」とおにぎりを頂きました。あたたかいおもてなしに触れ、作業がますますはかどりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

午後には急きょジャガイモの収穫…力を合わせるとこれだけの量を30分で採ることが出来ました。

DSC_0153

 

 

そして最終日。この日は米崎りんご農家の中で最も歴史が古く、また最も広い農園「仙果園」の吉田英雄さんにお世話になりました。前日にばっちりつかんだ摘果のコツを活かしながら作業を続け、午後には同じくこの日SAVE TAKATAが受け入れをしていた、東京の三井住友信託銀行の皆様と合流しました。畑には、最大で52名もの人が会し、大人数での摘果を楽しみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

育て上げネット様からの参加者は、摘果を学んだ1日先輩として、初めて木に触る方々にばっちりレクチャーを行うことが出来ました。今回のように、覚えたことを他の方にレクチャーするところまでセットで実施した合宿は初めてで、参加者の方にとってはハードな部分もありましたが、貴重な経験をした5日間となったようでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

次回、8回目の育て上げネット様集中訓練プログラムの合宿は、9月に実施される予定です。その時には、色が付き始めたりんごを見ることが出来る予定です。

SAVE TAKATAでは、引き続きこうした無業者支援を実施していきます。

 

SAVE TAKATA 冨原祐子