SINCE MARCH 11 2011

その他事業

第1回 TEAM TAKATA 東京本部 交流会
  • 2011年06月05日 | その他

(集合写真、陸前高田市の和を広げて行きましょう!!)

SAVE TAKATA 共同代表 佐々木です。

2011年5月29日、第1回 TEAM TAKATA 東京本部 交流会を開催致しました。

TEAM TAKATAは「陸前高田市最大のネットワークを目指し「和」と「縁」を創出する」を目標に活動する団体で、陸前高田市出身者である吉田、田村、合口、私の4名を中心に活動をしています。

震災後、同級生達が集まったことが切っ掛けでしたが、今後震災というネガティブな事象から縁が繋がるようなポジティブな事象を生み出していこうと思います。
1人1人では出来ない事も、皆で集まり、協力すればきっと陸前高田市に繋がります。
そういう想いでTEAM TAKATAの交流会を開催致しました。
まずは集まり話し合う事、そして和を広げていく事、ここから始まると考えています。

さて、早速ですが当日の様子をご報告致します。

———————————————————————–

当日は9時30分に集合し、TEAM TAKATA運営会議を行ないました。
今後の予定や組織体制など細かい内容を打ち合わせ。

(お店の外に設置して頂きました)

(ようこそ!)

そして10時30分に会場である神保町エスペリア様に入り、準備を始めました。

ダイニングカフェ・エスペリア : http://www.esuperia.co.jp/

まず始めにエスペリア店長の荷川取様とスタッフの皆様にご挨拶。
その後各自担当の準備を始めました。

(吉田がアルバムプロジェクトを説明する文章を考え中)

(斜めから)

(募金箱を設置してブース完成)

設置した物は

・アルバムプロジェクトのサンプル
・柏タカシマヤに設置させて頂いた陸前高田市の状況をお知らせするチラシ
・陸前高田市の写真が表示されるフォトフレーム
・SAVE TAKATA募金箱

の4点です。
只今TEAM TAKATAでは津波で流されてしまったアルバムを復活させる為のプロジェクトを吉田が中心となって進めています。
私も実家に置いていたアルバムはすべて流されてしまったので、このプロジェクトに密かに期待してます。

(何故か白黒、佐々木です)

(Ustream準備完了)

TEAM TAKATA Ustream : http://www.ustream.tv/channel/team-takata

Ustream生放送のため準備。
e-mobileだったので回線速度が少し心配でしたがなんとか生放送出来て良かったです。

(Ustreamの音声テストのため、ひたすら吉田が演説してます(笑))

(吉田)

(音声チェックを合口にも協力してもらいました)

音声の確認も無事完了し、生放送の準備は整いました。
そしていよいよ12時30分、受付開始です。

(受付、滝田(左)、佐藤(中央)、熊谷(右))

(受付の風景です)

今回受付を協力してくれた、滝田、佐藤、熊谷、新沼は全員同級生、ありがとう!
時間になると徐々に参加者の皆様が来場され、だんだんと会場はにぎやかになっていきました。

(お子様連れの方もいらっしゃいました)

(在京陸前高田人会の皆様へ田村がご挨拶)

(田中さん(手前の男性)にはSAVE TAKATAの活動に関していつもご助言頂いています、ありがとうございます)

そして、いよいよ交流会開始。
TEAM TAKATA 共同代表の4名の挨拶から始まります。

(合口)

(吉田)

(田村)

(佐々木)

まずはTEAM TAKATA 共同代表 4名それぞれのご挨拶。
それぞれも想いやTEAM TAKATAの結成理由などをお話しさせて頂きました。

(在京陸前高田人会 会長 岩渕様)

乾杯のご挨拶を在京陸前高田人会 会長 岩渕様から頂きました。
今後は在京陸前高田人会の皆様とTEAM TAKATAが協力しながら陸前高田市の和を広げれればと思います。

そして、乾杯。
当初乾杯をするべきかどうか悩みましたが、ここから進む、和を広げる。
そういった意味を込めて乾杯を皆で出来ればと思いプログラムに組み込みました。

前を向いて歩く、その意思を込めての乾杯です。

(ひとまず無事開始出来てほっと一安心のTEAM TAKATAメンバー)

(さまざまな料理が並んでいます)

(なんと荷川取様がわざわざ地元酒蔵である酔仙酒造の製品を手配してくれました!感謝!!)

陸前高田市出身者はもちろん、縁のある方が100名以上参加されているので場内各所で陸前高田市の話が展開されました。

(空まで届け、復興の力!)

この2ヶ月半の活動の中で感じた事は「協力」をしていく大切さ。
協力無くして復興無し、と言ってもいいくらい協力の大切さ、継続の難しさを肌で感じました。
まずは皆で集まり、話す、そこから始まるんだと思います。

(山岡様ピアノ演奏)

(多田様琴演奏)

(Charity Lineの皆様、左から山岡様、多田様、橋口様、田村、吉田です)

会場であるエスペリア様が入っている太平工業ビルの太平電業様に「Charity Line ♪」様をご紹介頂き、今回のご縁となりました。
ピアノと琴の演奏でとても素敵な時間になりました。
(Charity Line様はチャリティー音楽ライブ活動をされています)

この2ヶ月半、音楽とはまったく無縁の生活をしていたので、久々の生演奏が聞けてとても嬉しかったです。
Charity Lineの皆様ありがとうございます!!

陸前高田市で復興協力活動をされている皆様にもお話して頂きました。

(ヤルキキャンプ 村田 様)

高田で体を張ったボランティア活動をされている方です。
http://ameblo.jp/yarukicamp/

(気仙すぎのこ基金 代表 真野 様)

気仙地区の学校をメインとした支援活動をされている方です。
http://suginokofund.com/

(えがおとどけ 代表 阿部 様)

被災地(東日本大震災)の子ども達へ向けた支援活動をされている方です。
http://egaotodoke.jp/

(f-me アシスタント 渡辺賢史様(左))

高田を訪問し、現地の方に「プロ」によるメイクアップのサービスを行う活動をされている方です。
メイクアップ後、同行モデルさんと一緒に家族で記念写真を撮り、その場でプレゼントされているそうです。
http://f-me.co.jp/

様々な方が陸前高田市への復興協力活動をされています。
今後は各団体との協力体制が、中長期活動の必須項目となってきますので是非協力しながら活動出来ればと思います。

会場は話が止む事は無かったです。
沢山の笑顔、やはり笑顔が一番です。

(岩渕様に締めのお言葉をお話して頂きました)

3時間という開催時間もあっという間に過ぎ、集合写真、そして締めの挨拶となりました。

私はひたすら3時間参加者の皆様と話し通しでとても充実した時間を過ごさせて頂きました。
本来であれば参加者全員とお話したかったのですが、中々うまくいかず、ご挨拶出来なかった皆様申し訳有りませんでした。

TEAM TAKATAは今後も継続的に交流会を開催し、陸前高田市の和を広げる活動をしてまいります。

復興協力に全力を尽くす「SAVE TAKATA」。
そして陸前高田市の和を広げる「TEAM TAKATA」。

この2本柱で陸前高田市のために全力で活動していく所存です。
今後の予定としては

SAVE TAKATA
・中長期での復興協力活動のための社団法人化
・各進行プロジェクト、組織概要、メンバー一覧などを見やすくするためのホームページリニューアル
・ボランティアバス運行
・キッズキャラバンプロジェクト
・物資支援(事務用品などを中心に)
・企業復興に対する具体的なアクション

TEAM TAKATA
・交流会を定期的に開催
・アルバム復活プロジェクト
・仙台支部設立

などを予定しております(実際書ききれない活動は沢山ありますが)。
皆様宜しくお願い致します。

最後にTEAM TAKATA運営スタッフ、エスペリア店長荷川取様でパチり。
お疲れさまでした!これからも頑張って行きましょう!!

以上です。

当記事関連Link
TEAM TAKATA : http://teamtakata.info/event_detail.php?page=3
ヤルキキャンプ : http://ameblo.jp/yarukicamp/entry-10907374377.html
気仙すぎのこ基金 : http://suginokofund.com/report.html
エスペリア : http://kuchikomi.gnavi.co.jp/shop/diary/g753500/article/446781.html